見える「蔵」で趣味を楽しむ|蔵(2.5階建)の家づくり

見える「蔵」で趣味を楽しむ

蔵で広がる夢の住宅~キャナエル設計~ HOME > 見える「蔵」で趣味を楽しむ

「趣味を楽しむ住まい」をご紹介

見える「蔵」で趣味を楽しむ~2階建て5階層の家~

  • 【家族構成】 父・母・子供1人(二世帯)
  • 【設計】 キャナエル設計 株式会社
  • 【施工】 キャナエル設計 株式会社
  • 【延床面積】 101.02m²(30.6坪)
  • 【蔵面積】 24.1m²(7.3坪)
  • 【目的】
    ・限られた建ぺい率、容積率の中で活用できる空間を最大限に確保すること
    ・2階のリビングから趣味の展示を見られるようにすること
    ・リビングを一望できるロフトをつくること

ページトップへ戻る

趣味を取り込んだリビング設計

ロフトと和室にわけて使用ロフトと和室にわけて使用

リビングから見える「蔵」リビングから見える「蔵」

「2階のリビングでは吹き抜けのような開放感がほしい」という施主様のご要望に沿うため、1階の天井の高さをやや低めにし、そのぶん2階部分の天井を高くしました。リビング横の白い引き戸が和室。その上の空間がロフトです。正面は大きなガラス窓になっており、2階のリビングから下にある趣味のスペースを眺めて楽しむことができます。ガラス窓の上の奥の部分に寝室があります。

趣味を楽しむ蔵の家趣味を楽しむ蔵の家

「屋根裏に気分転換できるスペースがあるとうれしい」というご要望に応じて設計したのが和室の上にあるロフトです。正面の6段の階段を上がれば、梯子4段でロフトに到着(左側は寝室です)。ロフトは個室になっていますが、壁を開放することで眼下のリビングの様子が手に取るように見えます。

階段を上がってロフトの反対側にあるのが寝室として使用する洋間です。ちょうど趣味のお部屋の上の部分にあたります。室内は高さの関係から勾配天井になっており、さながらログハウスのようです。窓の外には広めのプライベートバルコニーを設置。ここからの眺めは施主様のお気に入りです。

リビングの隣の和室は客間として使用可能。天井はやや低いものの、使い勝手はまったく悪くありません。背の低い家具を置くことで、お部屋としてのバランスがぐっとよくなります。施主様には、「お客様が来ないときはいつでも畳の上で寝転がれるのでうれしい」と喜んでお使いいただいています。

趣味の部屋01趣味の部屋01

この家づくりのなかで施主様がもっともこだわったのが趣味の部屋です。施主様の趣味は鉄道模型やミニカーの収集で、「いつかコレクションを飾って眺めるのが夢」とおっしゃられていました。そのご要望にお応えすべく、お部屋にはコレクションを展示・収納するためのオリジナル家具を設置。ベニヤ板を用いて職人が作ったもので、安く雰囲気のいいものに仕上がっています。

趣味の部屋02

大きなガラス窓を通して、趣味の部屋からリビングを見ることもできます。リビングの明るい光を、趣味の部屋のなかからも十分に感じることができます。

家作りの流れはこちら

ページトップへ戻る

042-335-1400

資料請求・お問合せフォーム資料請求・お問合せフォーム

受付時間9:00~18:00(水曜定休日)
東京都府中市住吉町1-81-13-1F
建設業許可 知事般-27 第21973号

Copyright © 蔵で広がる夢の家-キャナエル設計-. All Rights Reserved.